スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あわれ彼女は娼婦

舞台「あわれ彼女は娼婦」を観に渋谷の文化村シアターコクーンへ。
深津絵里主演という事で、発売当日にチケットをゲットしたが、
残念ながらS席は売り切れ、中二階のA席からの観劇。
手すりが邪魔で、やはり少し見にくい。。

演出が世界の蜷川。深津絵里、三上博史、谷原章介と出演者も豪華。
期待大だったけど、舞台初心者の僕には、少し難しすぎた?
休憩はさんで3時間10分の舞台だから、結構疲れるが、前半から寝ちゃいました。。
しかし難しい物語を盛り上げたのが高橋洋。「バカ」の役なんだけど、
瞼が閉じそうなとき、この人が出てくると目が覚めるって感じで、僕好み。

セットもきれい、出演者も豪華なのに、あまり心に響かなかったのは、
やはり後味がよろしくないせいだろうか。ちょっと惜しい感じ。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。