スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中欧2日目

時差ボケで4時に目が覚める。ヨーロッパは毎度このパターン。

朝食のビュッフェ。意外と種類が多くて嬉しい。
ミソスープもあったのがビックリ。
IMG_7929.JPGIMG_7934.JPG

ブダペストはもう春。ホテルの前には桜?も咲いている。
IMG_7940.JPG

午前中はブダペスト市内観光。まずはホテルすぐ近くの英雄広場。
中央は大天使ガブリエルで、周囲には14人の英雄。
IMG_7952.JPG

続いて、聖イシュトバーン大聖堂。
IMG_7974.JPG

外見も豪華だが、内部も大理石たっぷりで金キラキンの重厚な教会。
ちなみに、イシュトバーンは、ハンガリーの初代国王らしい。
IMG_7977.JPGIMG_7982.JPG

続いて、漁夫の砦へ。砦からの景色は壮観。
IMG_7998.JPGIMG_8007.JPG

砦の目の前には、場違いな金ピカのヒルトンホテル。
IMG_8006.JPG

同じ敷地内にある、マーチャーシュ教会。
屋根のモザイク模様はトルコに占領されていた時代の
イスラム教の名残らしいが、とても美しい。
IMG_8000.JPG

イシュトバーン大聖堂の豪華さとは、また違った美しさ。
IMG_8023.JPG

ランチは、ハンガリー料理。
たっぷり野菜の前菜のあと、牛肉ゴロゴロのグヤーシュ。
同じグヤーシュでも昨晩食べたものとは全然違っていて面白い。
ちょっと味が濃いので、サワークリームが欲しいところ。
IMG_8031.JPGIMG_8032.JPG

デザートはイチゴケーキ。甘い。。
IMG_8033.JPG

午後は自由行動。この日は革命と自由戦争記念日という事で、
ハンガリーは祝日。現地ガイドさんによれば、店や博物館、
温泉も全部お休みという、なんじゃそりゃな日。
バスでホテルに戻る事を薦められたが、我々はブダペスト散策へ。

まずはゲッレールトの丘でブダペストを見渡そうと思っていたが、
自由橋まで来たところで、その遠さにアッサリ断念。

そのままテクテク歩いてエリザベート橋へ。
この日はどの橋もお祭り気分で車は通行止め。
IMG_8050.JPG

橋の周りは屋台や馬も出動し、お祭り騒ぎ。
IMG_8054.JPG

買い物スポットのはずのヴァーツィ通り。やっぱり、お店は9割近くお休み。
それでもワインショップが開いてたので、自分用にトカイワインを購入。
ハンガリーのトカイワインは世界三大貴腐ワインの一つ。(らしい)
IMG_8061.JPG

広場はすごい人の多さで大盛り上がり。さすがは自由戦争記念日?
この日見かけた人は、みんな胸に3色旗のバッチをつけてた。
ハンガリー人は愛国心たっぷり。
IMG_8066.JPG

くさり橋もすごい人の多さ。
なぜか、まったく知らない人がカメラ目線でポーズとってるし。。
IMG_8081.JPG

くさり橋を背にして、フォーシンズズホテルを撮影。
まるで合成写真のようだけど、この女性は誰だろう??
IMG_8090.JPG

そのままテクテク歩いてリスト広場へ。
ここはカフェばかり10軒以上並んでいる、カフェ広場。
IMG_8108.JPG

とりあえず雰囲気の良さそうなKarmaでコーヒータイム。
メニューを見てもチンプンカンプンなので、一番安いスイーツを注文。
アイスシューのカラメルソースかけ?甘いが、けっこう美味。
IMG_8102.JPG

ブダペストは地下鉄の駅もちょっと可愛らしい。
IMG_8116.JPG

一休みで元気になったので、国立西洋美術館へ。
ここは常設展は無料なのが嬉しい。
IMG_7949.JPG

さっそく入館のはずが、係の女性に「クローズ」と止められる。
どうやら本日は常設展はやってないらしい。
現地ガイドさんはオープンしてると言ってたのに。ガックリ。

仕方がないので、周辺をブラブラ。
サーカスや遊園地、動物園もあって、歩いているだけで楽しい。
IMG_8120.JPGIMG_8122.JPG
ハンガリーといえば、温泉も有名。
セーチェニ温泉はこんなに立派な建物だが、ここも本日はクローズ。。
IMG_8124.JPG

ブダペストの夕暮れは美しい。
IMG_8130.JPGIMG_8138.JPG

ホテルに再集合して、夕食のレストランへ。
本日は、ハンガリー民族音楽の生演奏が楽しめるレストラン。
民族衣装を着た女性もいてちょっと面白い。
マッシュルームスープとサラダ。ポークソテー。
デザートはなんとも表現しがたい食べ物で微妙。
IMG_8141.JPGIMG_8142.JPG
IMG_8143.JPGIMG_8145.JPG

食後は、チャータ船で、ドナウ川クルーズ。
ドナウの真珠と言われるだけあって、さすがの美しさ。
寒さに震えつつ、撮影しまくったので、あっという間の1時間。
IMG_8152.JPGIMG_8160.JPG
IMG_8179.JPGIMG_8187.JPG

さすがに疲れたのか、ホテルに帰ったらバタンキュー。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。