スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡

六本木の国立新美術館で「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」を鑑賞。
IMG_8517.JPG

決してピカソファンでは無いが、ミーハーなので、
巨匠と聞くと、足を運ばずにはいられない。。

今回はパリの国立ピカソ美術館改装により実現した企画で、
同じ六本木のサントリー美術館と同時開催。
両方観れる2館共通のチケットを買ったけど、
まずは出品数の多い国立新美術館から。

今まで知らなかったけど、ピカソは、青の時代、バラ色の時代、キュビスム、
新古典主義、シュルレアリスムと作風の変化が激しい。
僕のイメージするピカソチックな絵、すなわちシュールなやつは、
晩年の作品だったのね。

絵よりも、ピカソの女性遍歴にビックリした展覧会。
IMG_8516.JPG
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。