スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WALL・E

2009年の1本目は、ビバシティシネマでディズニーピクサーの
WALL・E(吹き替え版)を鑑賞。

傾斜が少ない映画館なので、前の人の頭が邪魔で
観にくいかと思ったが、前の席が子供でラッキー↑
と思ったら、上映直前に隣のお母さんと席をチェンジしてアンラッキー↓

ゴミ処理ロボットのWALL・E(ウォーリー)と宇宙からやってきたロボット
EVE(イヴ)のラブストーリー。予告だと2人(2台?)以外は登場しないが、
ちゃんと人間も登場する。宇宙船の艦長がなかなかニクイ男。

環境問題とか、色々なメッセージが込められているのかもしれないけど、
何も考えなくても、ウォーリーの可愛さにニンマリしてしまう作品。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。