スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カールじいさんの空飛ぶ家

「愛する妻が死にました-だから私は旅に出ます。」

TOHOシネマズ日劇で、カールじいさんの空飛ぶ家3D版を鑑賞。
すでに公開4週目だけど、かなり混んでた。

冒頭10分はカールじいさんの追憶のシーンだが、これが素晴らしい出来。
宮崎駿もこれだけで満足したと書いていたが、ここがクライマックス。
カールじいさんの妻、エリーがすごく良かった。

最初が良すぎたせいか、中盤はちょっと中だるみ気味で眠かったけど、
ラストはキッチリ満足させてくれる。さすがピクサー。
しかし、3D版らしさはあまり感じなかった。。

同時上映の「晴れときどきくもり」は、コウノトリが主人公。
セリフがなくて、超短編だけど、これがなかなか可愛くて良かった♪

観終わると、冒険の旅に出発したくなる作品。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。